フォト

ポチッと

  • ↓↓↓
無料ブログはココログ

« 青い家 | トップページ | おっと雨が… »

2012年3月17日 (土)

懐かしのアメリカTVドラマ

 1960年代昭和35年~昭和44年)アメリカの連続TVドラマを毎週楽しみにしていた。ざっと挙げると「逃亡者」「スパイ大作戦」「0011ナポレオン・ソロ」「コンバット」と70年代にかけて放映された「刑事コロンボ」などだ。ただ、当時大ヒットした「ベン・ケーシー」は好きになれなかった。で、「逃亡者」はシリアスなドラマで、実際にあった事件を元に作られたそうだ。主役のデヴィッド・ジャンセンのニヒルな感じが良かったが、警部役のバリー・モースも好演だった。「スパイ大作戦」は近年トム・クルーズの主演で映画化され、第1作を10年ほど前に観に行った。まぁ、それなりに面白かったが、その後の第2作、第3作、そして最近封切りされた第4作は観ていない。「0011ナポレオン・ソロ」は冒頭場面が印象的…ソロとイリヤが揃ってクリーニング屋の店内から秘密の通路で本部に入って行くシーンで、非日常的なところが面白かった。「コンバット」は第2次大戦中のヨーロッパ戦線が舞台だが、戦争ドラマと云うよりヒューマンな面がよく出ていたと思う。そして、「刑事コロンボ」はここで改めて書くまでもないが、つい最近、主演のピーター・フォークさんが鬼籍に入った。


 何れも古き良きアナログ時代のアメリカの匂いがプンプンするドラマだった。

« 青い家 | トップページ | おっと雨が… »

思い出すこと…」カテゴリの記事

映画・TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

よく見ましたね~
アメリカのTVドラマ。
「名犬ラッシー」「名犬リンチンチン」「アニーよ銃を取れ」「ライフルマン」「サンセット77」「ローンレンジャー」などなど今でもいっぱい思い出されます。
コンバットのサンダース軍曹やブロンコのフランコネロが大好きでした。
ポパイも面白かった~、途中から作画が簡易なものになってガッカリしましたが。
懐かしく思い出させていただきました。ありがとうございました。

石鉄さんへ
雨の土曜日…土曜日と云えば「逃亡者」でした。「ライフルマン」チャック・コナーズ?でしたかねぇー…冒頭のシーンが格好良かったですね。「サンセット77」も思い出深いです。アメリカ文化に何かしらの憧れがあったのでしょうか…歳の所為かデジタル処理された映像にはなかなか馴染めません…((+_+))

アメリカのTVドラマが多かったのは日本のテレビ局でドラマを作る力がまだなかったのでしょうね。
逃亡者は定番中の定番でした。必ず見ました。危険が迫ると、かくまってくれた人がうまく逃がしてくれる。今にして思えばワンパターンでした(笑)。

イズラーさんへ
そう云えばそうですね。水戸黄門と同じかも?何となくハラハラしながら、しかし安心して観ていました…(^v^) 現実の世界の方が怖いかもしれません…このところ冤罪が次々と…((+_+))

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしのアメリカTVドラマ:

« 青い家 | トップページ | おっと雨が… »