フォト

ポチッと

  • ↓↓↓
無料ブログはココログ

« 年賀はがき…景品 | トップページ | 枝垂れ桜、ヤマザクラ、コバノミツバツツジ… »

2012年4月12日 (木)

大樋長左衛門さん

 午前3時過ぎに目が覚めた。直ぐには寝付けそうにも無いので耳元のイヤホーンを手繰り寄せた。「吉田拓郎…結婚しようよ」…「山本リンダ・・・どうにもとまらない」で完全に目が冴えてきた…「石橋正次…夜明けの停車場」等々、昭和47年のヒット曲が流れ4時が過ぎた。ニュースの後、「明日へのことば…陶芸家 大樋長左衛門」のインタビューが始まった。懐かしいお国訛りが…そう云えば中学校への通学路の電車道に面してこの方の邸宅があったことを思い出した。十代目だそうだが昭和2年生まれだから、もう84歳…年齢を感じさせないしっかりした口調でお話をされている。しかも正統金沢訛りが私には心地良く最後まで聴いてしまった。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A8%8B%E9%95%B7%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80

 で、ここで気になっていることが…最近東北の子供たちのTVインタビューを聞く機会が多いが、東北訛りを喋る子が殆んど居ないことだ。東北に限らず他の地域も並べてそのようになっているように思う…年々歳々お国言葉を聞く機会が少なくなっている。

 最近では名古屋市長のお国訛りが際立っている…相手に真意が通じないようではいけないが、お国訛りをもう少し大事にしてはどうだろうか…

« 年賀はがき…景品 | トップページ | 枝垂れ桜、ヤマザクラ、コバノミツバツツジ… »

ラジオ深夜便」カテゴリの記事

コメント

お元気ですよ。先般も駅で見かけましたが、小柄ですたすたと歩かれておりました。私は、講演や、パーティーで遠くで眺めるだけで、面識はありませんが・・・。金沢では、このような方々にお会いできます。

ひでさんへ
昔の金沢より地域は広がりましたが、旧市街では何気に著名人と遭遇できるのですね。「謡曲が天から降ってくる」と云われた街は健在…嬉しいです…(^v^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大樋長左衛門さん:

« 年賀はがき…景品 | トップページ | 枝垂れ桜、ヤマザクラ、コバノミツバツツジ… »