フォト

ポチッと

  • ↓↓↓
無料ブログはココログ

« どんより薄曇り | トップページ | クスノキ »

2012年5月25日 (金)

ビシャンバス

 満3歳近くまで名古屋市昭和区廣瀬町に住んでいた。後年、名古屋に就職した際、その生家が会社寮の徒歩圏だったので、休みの日に生家を撮りに行ってきた…昭和36年のことである。で、生家の北方には斜め(北西~南東)に飯田街道があり、そこを「尾三バス(正式には尾三自動車)が走っていた。そのバスを見に父に連れて行ってもらうのが嬉しかった(らしい)…生前父がそのように云っていた。まだようやくカタコトを話すようになったボクは、そのバスを「ビシャンバス」と云っていた(らしい)。家のすぐ前には牧場があったと聞いたが、その頃のことは全然覚えていない。(名古屋牛乳の本社が近くに現存するので…その関連の牧場だったのかも?) 記憶が確かになるのはその後、昭和17年半ば、父の転勤で九州の門司市(現・北九州市門司区)へ引っ越してからのことである。又、生家の東には大久手~桜山の市電通りがあったが、開通したのは戦後の昭和25年のことだ。

 

生家と牧場の画像は以前の記事で掲出済みです。

http://natsukashi-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-f60b.html

« どんより薄曇り | トップページ | クスノキ »

思い出すこと…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビシャンバス:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/05/26 09:08) [ケノーベル エージェント]
北九州市門司区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« どんより薄曇り | トップページ | クスノキ »