フォト

ポチッと

  • ↓↓↓
無料ブログはココログ

« 名残りの枯れすすき | トップページ | 婚姻色 »

2013年1月24日 (木)

記憶に残る巨人戦

 朝一で散髪に…先客が終わるまで中スを手にとり2面を見てビックリ…
00201 30年前(1982年・昭和57年)の忘れ得ぬあの試合のことが載っていた。

 1982年9月28日ナゴヤ球場、9回表の巨人の攻撃を終わって巨人5-1中日、しかもピッチャーはエース江川…ラジオで成り行きを聴いていたが、この時点で勝負あったと風呂に入った。そして、風呂から出て音楽でも聴こうと、再びラジオのスイッチを入れると、「満塁、マンルイッ!…」とアナウンサーが絶叫しているではないか…そして、次の瞬間「オオシマ サヨナラッ!…」に変わった。キツネにつままれるとはこのことか…いったい何があったのか…まぁ たかが野球と云えば、その通りなのだが…私にとって、その後の伝説の10・8よりこの試合の方が心に残っている。その夜はなかなか寝付けなかった。

 因みに、この年は横浜球場での大洋戦をエース小松で勝利して優勝を決めた…このことも忘れられない…

« 名残りの枯れすすき | トップページ | 婚姻色 »

思い出すこと…」カテゴリの記事

コメント

昭和57年っていうと・・・何してたかなあ。
結婚10年目、家を新築し3年目、一番仕事に張り切っていた時分だったかも。
小松投手は高校時代から注目を浴びた選手で郷土の誇りでした。
石川県のスポーツ選手で全国区だったのは、輪島、小松、松井、出島くらいですかね。
まだいたかなあ。
その昔、清惠波という穴水出身の相撲取りがいました。ファンでした。あまりパッとしませんでしたが、前頭2枚目が最高位でした。男っぷりも2枚目でしたけど。


石鉄さんへ
30年前、私は職場でサンドイッチになって、もがいていました。

黄金のまわしをした輪島…左を差したら負けませんでしたね。小松はスピードガンの申し子と云われ一世を風靡…

清惠波…私もファンでした。朝刊の星取表は先ず清惠波からでした。懐かしいです…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記憶に残る巨人戦:

« 名残りの枯れすすき | トップページ | 婚姻色 »