無料ブログはココログ

« 時々雷鳴! | トップページ | ナンキンハゼ(南京黄櫨)の花 »

2017年7月13日 (木)

かセン、カセン…ガセン

 ある地方局のラジオを聴いていたら先般関西であった新幹線の架線切れの続報を女性アナウンサーが喋っていた。その中で架線のことを「セン」と発音したので何か違和感を覚え引き続き気を付けて聴いていると何度も同じアクセントで話し終えた。同じネタのニュースはNHKでも何度か聴いたが「セン」とは発音しなかった。このアクセントでは「河川」となってしまう。

 そう云う私も最近まで「鷺」のことを「詐欺」と発音して家人に笑われていた。

 おっと、ちょうど今、同じ局の男性アナウンサーが同じニュースを読んでいるが違和感のない(正しい?)アクセントだ。女性アナウンサーはきっと注意を受けているのでは?

 ところで鉄道従事者は架線を「ガセン」と言うらしい。他に下線や活線と言う言葉と混同を避けるためとのこと…鉄ちゃん仲間では常識らしい。

« 時々雷鳴! | トップページ | ナンキンハゼ(南京黄櫨)の花 »

閑話休題」カテゴリの記事

コメント

確かに架線のことをガセンと言う方は多いです。
中には架空線と言う人もいます。
発音は難しいですね。

当地の霊峰白山も地元ではアクセントなしでハクサンと言いますが、アナウンサーの中にはハックションのアクセントで言う人がよくいます。耳障りです。impact


石鉄さんへ
業界用語はいろいろあるようですね。一つ勉強になりました。

仰るようにハクサンは多くのアナウンサーがハクションのアクセントで言っていますね。
私も違和感を感じています…(;一_一)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時々雷鳴! | トップページ | ナンキンハゼ(南京黄櫨)の花 »