無料ブログはココログ

« キイトトンボ | トップページ | ムラサキシキブ »

2017年7月21日 (金)

‘いい’の基準

 少し前の話だがセ・パ交流戦ナゴヤドーム 楽天vs中日をTV観戦中ウィーラー選手が打席に立つとアナウンサーがその汚れたヘルメットを見て「何とかなりませんかねぇー」と解説者に振った。それを受けて肯定も否定もせずに「本人がよしとしていることだから…」と言葉を濁した。しかし、私は即座にカッコいい!(と思った)
 で、直ぐにベイスターズ筒香選手のつばを真っ直ぐにしたキャップを思い出した。ベンチでは笑いながら他の選手のキャップを取ってつばを直しているのを撮られていたが… 少なくとも本人の美意識でやっていることであればこれも いい

 更に最近ネット記事に先年引退したショーンコネリーさんの近況が写真とともに載っていて「とても一世を風靡したスターとは思えない 云々…」とあった。しかし私はこれも いいhttp://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/13792.html

 カッコいい!は人それぞれ…

« キイトトンボ | トップページ | ムラサキシキブ »

所感・雑感」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
お暑いですね。
 ショーン・コネリーは007の頃より、
「インディー・ジョーンズ」のお父さん役の時の方が
素敵でした。もう引退しているのですから、
仕方ありませんよね?

マコママさんへ
こんにちは。
ホント暑いです。年々身体に応えます。

ショーン・コネリー…本人も007ボンドにイメージが固定するのを嫌ったようですね。その後も数々の映画でいい味を出していましたですね…(^v^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キイトトンボ | トップページ | ムラサキシキブ »