フォト

ポチッと

  • ↓↓↓
無料ブログはココログ

« 時を違えて | トップページ | 谷間に夕日 »

2018年10月17日 (水)

大きな半纏の木の下で

 角の公園の小さなベンチで一休みしていると両手にスティックを持った年輩の男性が「その横に座っていいですか?」と言って近付いて来た。つい10分ほど前に擦れ違うときに私から話し掛けた方だった。その時は「ノルディック・ウォーキングですか?」と私…「いえ、最近転んで骨折したので治ってからも2本杖での散歩です」と…「それは大変だったですねぇー。どうぞお大事に…」とだけ交わしたが、Uターンして後を付いて来られたようだ。

 お互い年齢を披瀝…8歳も年長の方だった。この地に居住するようになって50年以上とも話されていた。実生活ではいろいろご苦労がお有りのようだ。見上げるハンテンボク(半纏木)の天辺に実が生っている。
Dscn689601480

 15分ほどで失礼して大通りに出て東へ向かう。道沿いには満開のハギ(萩)の花。間もなくの循環バス通り行き、途中からショートカット。と、上空を空中給油機KC-767が大きく旋回し南へ…
Dscn690101 Dscn690301480

 70分、4キロ。

 明日も晴れ時々曇り…/

« 時を違えて | トップページ | 谷間に夕日 »

花木・樹木」カテゴリの記事

ちょい散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時を違えて | トップページ | 谷間に夕日 »