フォト

ポチッと

  • ↓↓↓
無料ブログはココログ

« 堤防を行く | トップページ | ナニ?コレ »

2019年1月 5日 (土)

初めての友達

 年賀状を出し始めたのはいつ頃だっただろうかと考えたが、はっきりとは思い出せない。多分、金沢を出て名古屋で働き始めた最初のお正月…昭和37(1962)年からだったのではないだろうか。宛先は先生や友達だったと思う。

 最近は高齢を理由に取りやめる方が現れ始めているが、カテゴリー「友達」に限っては時々途切れることはあっても減ってはいない。しかし、ここ10数年で親の世代の方々との賀状交換は1人減り2人減りしてほぼ無くなった。

 そこで、表題の「初めての友達」だが、今でもフルネームで覚えている。それはオ○○ ナオユキ君である。まだ3~4歳の頃、所は門司だ。我が住処は小高い丘の中腹にあり玄関から数段下りると手前が三叉路の突き当たりで、左へ上ると頂上に小学校(当時は国民学校)があり校庭からは門司港が一望できた。そして、右に下ると市街地だ。三叉路のもう一方、真っ直ぐ伸びる平坦路の右角には塀に囲まれた寺院がありその門前の2階建てにナオユキ君は住んでいた。何をやって遊んだのかはサッパリ覚えていない。で、当時は戦争中、空襲警報のサイレンが鳴ると急いで石段をカタカタと下駄を鳴らしながら住処へ帰った。(らしい…生前、母が話していたと妹から聞いた)←このことは以前、当ブログに書いた。

 その後、門司にも空襲があり全員で金沢へ疎開。そのまま住み着いたのでナオユキ君とはそれっきりになった。

 その後、ナオユキ君はどういう人生を送っているのだろうか?と時々思う。

Dsc0002301640 寺院門前風景(2005年10月撮影)

« 堤防を行く | トップページ | ナニ?コレ »

思い出すこと…」カテゴリの記事

コメント

インターネットで名前を検索をしてみるのもいかがですか。最近は、結構個人名もヒットします。
門司の電話帳もアップされているので、これは結構探せます。

ひでさんへ
仰せのとおりですね。
ただ音でしか覚えていないので特定は難しいのかとも…

でも、チョットやってみます…(^^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 堤防を行く | トップページ | ナニ?コレ »