無料ブログはココログ

カテゴリー「所感・雑感」の105件の記事

2017年8月 1日 (火)

8月と聞くと…

 普段は2~3日か精々1週間程度の範囲で思い返していることが多いが、8月の声を聞くとそれが一挙に1945(昭和20)年前後まで飛んでしまう。勿論、断片的にそれ以前のことも思い返すことはあるが…これまでの人生でのいろいろな出来事を思い出す切っ掛けになるのが私にとっては8月と言うことになる。

 隣家のラジオの前で近所の人達と一緒に「玉音放送」を訳も分からず聴いたシーンが影絵のように甦る。何日か後、2階の窓から快晴の空を右に左に行き交う米軍機をただ見ている自分。(これらは以前当ブログに書いた)

 ご近所との声の掛け合いも朝夕の挨拶からちょっとした助け合い。向こう三軒両隣の繋がりは強いものがあった。今ならプライバシー云々…と嫌がられるようなことが必要な時代だった。勿論、子供たちの数も圧倒的に多かった。よその子でも本気で叱る大人がそこここに居た。(我が母校の小学校は当時生徒総数約900人、現在は100人前後)

 水泳は古橋、橋爪の日本勢とコンノ(日系アメリカ人)とのデッドヒートは大人も子供も一番の関心の的。敗戦で打ちひしがれた日本人に勇気と元気を与えてくれたと後に評価された。しかし、少し時期は違うかもしれないがやってきた3Aのサンフランシスコ・シールズに日本のプロ球団が全敗してガッカリしたことも思い出す。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA#.E8.A9.A6.E5.90.88.E7.B5.90.E6.9E.9C

 大相撲では横綱・吉葉山の印象が強い。大関で全勝優勝し横綱に昇進したが、その後優勝なしで引退だったと記憶している。その伝記はt映画にもなった。鏡里、千代の山と思い出すのは横綱。巨漢の大内山やさば折りが得意な大起、そして当時唯一郷土出身の幕内力士だった清惠波の勝敗はいつも一番の関心事だった。

 プロレス力道山の活躍はもう少し後になる。

 (…小中学校に通っていた頃を思い出すままに…)

2017年7月21日 (金)

‘いい’の基準

 少し前の話だがセ・パ交流戦ナゴヤドーム 楽天vs中日をTV観戦中ウィーラー選手が打席に立つとアナウンサーがその汚れたヘルメットを見て「何とかなりませんかねぇー」と解説者に振った。それを受けて肯定も否定もせずに「本人がよしとしていることだから…」と言葉を濁した。しかし、私は即座にカッコいい!(と思った)
 で、直ぐにベイスターズ筒香選手のつばを真っ直ぐにしたキャップを思い出した。ベンチでは笑いながら他の選手のキャップを取ってつばを直しているのを撮られていたが… 少なくとも本人の美意識でやっていることであればこれも いい

 更に最近ネット記事に先年引退したショーンコネリーさんの近況が写真とともに載っていて「とても一世を風靡したスターとは思えない 云々…」とあった。しかし私はこれも いいhttp://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/13792.html

 カッコいい!は人それぞれ…

2017年6月30日 (金)

明日から7月

 朝から本降りの。この雨、一日続くのかなぁーと思っていたが午後になって止み空は明るさを増してきた。
00101 明日はもう7月… 早い早いと嘆くより新しい7月を楽しみに迎えたい。早々に運転免許更新のための認知検査がある。今回からは認知検査を問題なく通過すれば日を改めて技能講習となる。面倒だと思うが昨今のブレーキとアクセルの誤操作多発を思うと仕方がないこととも思う。

 車の自動運転の研究が急ピッチで進んでいるらしいが、その前に踏み間違いに対応する技術を標準装備になるように急いで欲しい。(既に一部の車には装備されているらしいが…)

 最近、駐車場内を歩く時エンジンの掛かった車が止まっていると最大の注意を払うようになった…(;一_一)

2017年6月29日 (木)

新聞投稿を読んで…

 今朝の投稿記事で2年半前のことを思い出した。
00101 中日新聞(2017.6.29)

 運転中横断歩道を過ぎた辺りで後ろについたパトカーに停車を命じられた。○○○の駐車場に入るためウインカーを出していたのでそのまま進み入ってから警官に対応。横断歩道付近に人が居るのに停車しなかった「一時停止違反」と云うのだ。歩道の人は確かに横断するため進んでいるように見えたが、横断歩道に正対するまでまだ1~2歩ほどあり待っている状態ではなかったことを主張、平素いかに気を付けているかをいろんな事例を上げて説明。しかも、免許取得以来46年間無違反である実績も…。何だかんだと10分以上話し合った。すると、その若い警官はパトカーに戻り同乗の警官とやりとり。戻ってきて何の説明もなく無言で免許証を返し去って行った。待ち受けていて捕まえる。そして、いきなりレッドカード。相手の実績などを鑑みず処分。しかし、何故かそうではなかった。録画を見て判断したのかも?本当のところを知りたいと思った。 (当時の日記より…一部修正)

 検挙しておきながら何の説明も無く放免する…不信感は消えない。

2017年6月28日 (水)

知 る

起床前、ラジオで「今日は何の日」を聴いていると「福井大震災」とともに「日本プロ野球公式戦初の完全試合が達成された日」とあった。1950(昭和25)年28日…小学5年生だった。そのピッチャーは藤本英雄…巨人のエース級…スライダーの名手と言われていた。

で、その時代前後の名選手の名前が次々と思い浮かぶ。赤バットの川上哲治、青バットの大下弘、物干し竿の藤村富美男、松竹ロビンズのホームランバッターで精々20~30本で本塁打王になれた当時、51本打ってキングになった松竹ロビンズの小鶴誠(但し、この年は飛ぶボール…ラビットボールを使用していた)、大阪タイガースの名捕手土井垣、巨人のセカンドは千葉、ショート白石…キリが無い。当時はラジオの実況放送もあったが勝敗や選手の成績を知るのは新聞だった。

 

そして、その年の大きな事件は朝鮮戦争が勃発したこと(実際にはこの年の6月25日に北朝鮮が南に侵攻し開戦)…以後、新聞一面は次第にその戦況一色になったように思う。その後、戦況を一変させた国連軍の仁川(インチョン)上陸作戦成功。このことは大々的に報道されたことを覚えている。

 

映画館では必ずニュースが上映されていた。

 

今はどうか。希望の持てるニュース、希望の持てないニュース、本当のこと、本当でないこと…知る方法は増えたが…

2017年6月24日 (土)

ディーゼル…六角精児

 NHK-BSで不定期放映の「六角精児の呑み鉄本線・日本旅」を毎回楽しみにしている。偶然、能登線廃線跡編を観たのが最初だった。その挿入歌「ディーゼル」…何となく哀愁が漂っていていい。

 このライブは録音がイマイチだが…

 現在、新作は未定のようだ…train

2017年5月26日 (金)

ブランド

野菜を補うため小松菜をメインとしたスムージーを摂っている。今日は小松菜とバナナだった。で、ふとミキサーを見ると‘National’ブランドだ。このブランド、もう無くなってから何年経つのだろう。
00101 そう言えば12年目に入った冷蔵庫もそうだ。他に現役の旧ブランドがまだまだある。
シェーバーヘアドライヤービデオデッキエアコン扇風機、そして、アイロン…まだあるかも?これらは特にブランドに拘って求めたものではないのだが我が家では一番多い。

しかし、ブランドで選んだものもある。ほぼ半世紀前初めて買った車はHONDAの軽。以来、このメーカーのものを乗り継いできた。そろそろ運転免許返上の歳となりもう買うことは無いだろうが…。それと、PCはFUJITSU…これは現役の時、営業上のシステムがこのメーカーで、何となく親近感で買い求めたのがこのメーカー製。そろそろ次をと思っている。因みにデスク上のTVは16インチのSHARP製だ。

2017年5月24日 (水)

ロジャー ムーア

ロジャームーアさん…TVドラマ「天国野郎=ザ・セイント」での印象が強い。改めて調べたら日本で放映されたのが1965年(昭和40年)とのこと。もう少し後のような気がしていたが、どちらにしても随分昔のことだ。華麗な身のこなしで演じていたのを覚えている。毎回楽しみに観ていた。そして、007のボンド役は7作。初代ショーン コネリーの6作を超えている。しかし、私にとってボンド役はショーン コネリーで、そのセルビデオは全巻買い揃えていた。但し、第1作の「ドクター・ノオ」は陳腐な仕掛けで期待値外れだった。

 

話は逸れたが、そのロジャームーアさんが鬼籍に入った。89歳。(合掌)

 

第3代ボンド役を引き受けた当時、若々しい風貌にも拘らずショーン コネリーより年長と聞いて驚いたことを印象深く覚えている。

2017年2月 1日 (水)

用事を兼ねて…

 昨夜までに「確定申告書」を仕上げプリント完了。今朝は先ず郵便局へ… postoffice 今回は「追加納税申告」となった。詳細には調べてないが収入は前年と同じなので社会保険料の年金天引きが個々にされるようになった結果かなぁーと思う。まぁランチ2回分ほどだ。

 で、年賀状で切手シート2枚当籤。ちょうど申告書の郵便料金がそれで見合う金額だったので充当した。

 もう一つの小用事でSCへ…目の前を園児たちが元気に過ぎる。
003010110101201

 今朝は冷え込んだが日差しが暖かい。
01401 あちらこちらと約4キロ…

 午後、急に曇って来た…夕刻には雨らしい… cloud

2017年1月 9日 (月)

腑に落ちる

 今日は成人の日だ。新成人の皆様おめでとう!私の時代は1月15日だったが、いつの頃からか第2月曜日となった。今以てピンとこない。

 昭和35(1960)年に出身小学校の講堂(体育館)に満20歳の男女が集った。当時は当日までにその年齢に達していないと翌年となった。従って学年が違う人達も一緒だったことになる。(これは後年改められたようだが…)
 

 で、この時期になると思い出すのが事前の身体検査だ。市の保健所に集められ上半身裸で下着だけとなり身長・体重と進み、その後1列に並ばされ医師の前へ進み大切なものを目視点検されたのだ。何の抵抗もなく受けたが不思議な感じがし出したのは後年になってからである。そして最近このことは兵隊検査のやり方だったのではないかと思うようになった。 (子供の頃、兵隊検査と云う言葉はまだ日常の中で使われていた)

 こうなったら調べないとスッキリしない…幸い今はネットがある。その結果…

徴兵検査は、越中ふんどし1枚になって、身長、体重測定、視力検査の後、軍医の前でふんどしを脱いで、痔(じ)や梅毒を検査する方法に加えて、身上についても行われた。http://tamutamu2011.kuronowish.com/tyoheisei.html (参照web)
 

とあった。但し、私たちの時は後ろの方の検査は無かった。

そして、やはりそうだったのかと腑に落ちた。終戦から15年も経ってまだこの様な検査が続いていたことになる。

因みに市からの記念品は直径12センチほどの絵皿、真ん中に市章。そして市章を囲むように、の4文字だった。もう手元には無い。(この記念品のことは以前書いた)

Photo 金沢市市章

より以前の記事一覧